自己啓発

ダイエットに運動はそれほど重要ではない

夏休みも近づいてきて、海やプールの季節です。

せっかくなら、おなかのお肉はスッキリさせて遊びたいですよね。

そこで今回、ぼくが大学の授業で習った、食べる量を減らさずに、運動もしなくても痩せられるダイエット法を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ダイエットに運動は必要ない

いやいや、それちゃうんちゃうかと思った人も多いと思います。

ところが、運動で痩せるというのは効率の悪いやり方なのです。

ダイエットしようと思ったときに多くの人は運動を始めると思います。

仕事帰りや早朝にランニングをしたり、バスを少し前のバス停で降りて歩いたり。

しかし、そういった努力を続けて痩せることができた人は多くありません。うちの父親もそうです。

 

なぜ運動が効率の悪いやり方なのかというと、運動して消費できるカロリーは実はたいしたことがないんです。

例えばランニングは30分程度で4㎞走ったとすると、240kcal程の消費カロリーとなります。

ちなみに、240kcalを食べ物で表すと板チョコ1枚分ないくらいです。

走り終わった後、あーのど乾いたー。ってジュースを飲んでしまうと一気に効果も下がります。

 

また、2つ前のバス停から歩いた場合、長めに考えて合計1㎞歩いたとしても20kcalちょっとしか消費できません。

この程度のカロリーなら、職場についてから水分補給にジュースを飲んだら意味がなくなってしまいます。

 

そもそも、普段の生活で運動に割り振れる時間はそう多くないんじゃないでしょうか。

学生でサークル活動があるならまだしも、社会人だといったい1日にどれだけの時間を運動に使えますか?

 

食べるものを変えるだけで痩せることは可能

痩せるためには運動をするより食べるものを変えた方が効率がいいです。

例えば、あなた一日の食事で朝に500kcal、お昼にファミレスで900kcal、おやつにビスケット250kcal、晩ご飯に800kcalを食べ、ビール1本150kcalを飲んだとします。

合計2500kcalです。

 

まずは、そこに加えてランニングを5kmしたとしましょう。

消費カロリーはおよそ300kcalです。すると、一日のカロリーは合計して2200kcalとなりました。

 

次に食べるものを変えた場合を考えます。

お昼に今までハンバーグを食べていたのをうどんに変えたところ、900kcalから500kcalに減らすことができました。

また、晩ご飯に使っていた豚肉を鶏ささみに変えてみたところ、800kcalから700kcalに減らすことができました。これだけで前より500kcalも減らすことができました。

 

見ての通り運動はしていません。食べる量は減らしていません、食べるものを変えただけです。

それなのに一日の食事のうち2食変えるだけで、30分のランニングの消費カロリーを大きく上回るカロリーを減らすことができます。

 

こうすることで、1日のうち30分を運動に使わずに他のことに充てられると考えると素晴らしいと思いませんか。

30分あれば、アニメを1話見れます。食べ終わった洗い物を片付けることもできますし、ブログのネタを考えることもできます。

 

運動より食べ物を重視することで得られるメリット3つ

  • 続きやすい

ダイエットにおいて1日くらいいいや、っていう気持ちは続かない原因になります。

運動は雨が降っていたり帰宅時間が遅れると、今日くらいいいかって考えてしまいますが、食事ならそういった外的要因に縛られずに続けられます。

 

  • 道具を揃えなくていい

ランニングにしても、他のスポーツにしても始めるのに初期投資があります。

ランニングならシューズやウェア、他のスポーツならラケットなどが必要になるかもしれません。スクールに通うとすればまたお金がかかります。

ですが、食べ物に関してはそういったお金はかかりません。

始めるハードルが低く、万一やめてしまったとしてもお金が無駄になることもありません。

 

  • 節約につながる

先ほどの食べ物を変えた例を思い出してみましょう。

お店でハンバーグを食べるより、うどんを食べる方が安いですよね。

また、牛肉より鶏肉が安いのも確かです。このように、カロリーが高いほど値段が高いものが多くなってきます。

食事で痩せる方法は節約にもつながります。

 

スポンサーリンク

最後に

もちろん食べるものを変え、運動もすればさらに痩せることができるのは確かです。

僕は運動がダイエットに必要がないとは言いません。運動は心肺機能を高め、健康にもいいことがたくさんあります。

ですが普段から運動してこなかった人がいきなり毎日の運動を日課にするのは難しいんじゃないでしょうか。

ダイエットが苦痛になってしまうと続きません。

自分にとって一番楽な方法でダイエットをすることが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 自分らしく生きるために

    理由のある自信は過信でしかない。根拠のない自信を持つべき理由。

    本当に自信があるのなら、「これまで頑張ってきたから」なんて自分の努…

  2. 続かないのは意志が弱いからじゃない
  3. 書評

    【書評】「多動力」堀江貴文/最大限まで生産性を高める生き方が分かる一冊

    ホリエモンでおなじみの堀江貴文氏の著書「多動力」を読ませてもらいました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. 続かないのは意志が弱いからじゃない
  2. 将来の夢

掘り出し記事

  1. ランサーズ収入
スポンサーリンク
  1. 自分らしく生きるために

    失敗しても失う物なんてないから、そんなに怖がらなくていいよ
  2. 続かないのは意志が弱いからじゃない

    自分らしく生きるために

    続かないのは気持ちが弱いからなんかじゃない。環境があるから続けられる事実
  3. 大学生

    落単した大学生へ。教授へメールを送るときの5つのポイント
  4. 楽しかったことリスト

    自分らしく生きるために

    『今日の楽しかったことリスト』を作ると人生が100倍楽しくなる
  5. ネタ

    見なくてもできるってめっちゃかっこよくない?
PAGE TOP