レビュー

【2017年】東京にある絶対に行きたいナイトプール4選

2017年、最近話題となっている「ナイトプール」って知っていますか?

TV番組「マツコ会議」でも取り上げられ、今話題となっています。そこで、ナイトプールとは何なのかから、東京にあるおすすめのナイトプールまでご紹介していきたいと思います。

では早速いきましょう。

 

そもそもナイトプールってなに?

ナイトプールとは、名前の通り夜に営業されるプールのことです。

主にホテルにあるプールで営業されており、昼間のプールとは一転し幻想的なライトアップがなされていたり、DJブースが設けられていたり、おいしいお酒や食事を楽しめたりと独特の世界が広がっています。

また、子供は立ち入り禁止になっていることも多く騒がしくなく、大人の雰囲気が漂っています。

泳いで楽しむというより、演出やお酒などをゆったり楽しむというのもナイトプールの特徴です。夜なので日焼けの心配もなく、日焼けを気にする女性でも気軽に楽しむことができます。

 

2017年 東京のおすすめナイトプール

1.お台場ウォーターパークbyハウステンボス

にぎやかな昼間とは全く違った世界がそこに広がっています。

最新のプロジェクションマッピング技術によって彩られたプールは幻想的な雰囲気が漂い、美しく輝くイルミネーション、プールに漂うカラフルな浮輪やビーチボールが楽しませてくれます。

金、土限定でDJサウンドが企画されていて、プールだけでなく音楽とお酒も一緒に楽しむこともできます。

V.I.Pゾーンも用意されており、そこでは優雅にくつろげるテント付きチェアや、ボールプールで邪魔されることなくさらにゆったりとした雰囲気を味わうことができます。

8月8日には、有名DJのプレイや日本代表のダブルダッチチームによる光る縄跳び、さらにはフラフープダンサーによるパフォーマンスが繰り広げられる「フルムーンパーティー」が開催されるのでお見逃しなく!

 

開催日:~8月31日

営業時間:18:00~21:00

金土祝前料金:当日2700円(前売り2500円)

8/11~8/14:当日2800円(前売り2600円)

8/8フルムーンパーティー:当日5000円(前売り4500円)

URL:http://www.owp.jp/odaiba/

 

 

 

 

 2.ホテルニューオータニ

 

ナイトプール

ホテルで開かれるナイトプールはリゾート感満載です。

プールサイドにはOUTRIGGERというレストランも開かれており、水着のまま豪華な食事を楽しむことができます。

こちらでも、人気DJによるBGMが用意されている他、真夏の夜のプールを盛り上げてくれます。

また、営業時間が22時までと他のナイトプールより長く楽しむことができるのも魅力です。

 

開催日:7月21日~9月17日(一部日曜日を除く)

営業時間:18:00~22:00

平日祝日料金:8000円

週末(8/11~8/15)料金:10000円

URL:http://www.newotani.co.jp/tokyo/index.html

 

 

 

3.「CanCam×Tokyo Orince Hotel Night Pool」2017

ナイトプール

cancamナイトプールメインカット

昨年大好評だった女性ファッション雑誌「CanCam」がプロデュースするナイトプールの第2弾として、「CanCam×Tokyo Orince Hotel Night Pool」が今年も期間限定でオープンします。

なんと今年は東京プリンスホテルで開催されます。

プール会場から見える東京タワーのある風景は大迫力!日によって変わるライトアップも楽しませてくれます。

色とりどりのLEDボールやおしゃれなビックフロートはインスタ映えし大注目です。

 

開催日:7月8日~9月18日

営業時間:18:00~21:00

女性料金:4200円

男性料金:6000円

CanCam特設ページURL:https://cancam.jp/nightpool2017

東京プリンスホテルURL:http://www.princehotels.co.jp/tokyo/

 

 

 

4.ANAインターコンチネンタルホテル東京

ナイトプール

ビルに囲まれた都会の中なのに、木々の緑に彩られまるでオアシスの中にあるような屋外プールです。

都営地下鉄三田線御成門駅から徒歩1分と、アクセス良好です。

ホテルならではの備品の多さも素晴らしく、バスタオル・シャンプー・リンス・ボディーソープ・ドライヤー・ヘアリキッド・化粧水・乳液・コットンパック・ティッシュ・綿棒・ビーチサンダル(貸出)・水着の貸し出し(有料)が用意されていて、仕事帰りに用意なしにナイトプールに行って楽しめるのは魅力的です。

 

開催日:7月22日~9月30日

営業時間:7:00~22:00

平日料金:7000円(平日18:00以降5000円)

土日祝祭日、8/7~10、8/14~16:14000円

URL:http://anaintercontinental-tokyo.jp/

 

まとめ

 

昼間のプールとは違った雰囲気や楽しみを味わえるナイトプールはどうでしたでしょうか?

女子会やカップルで楽しむならホテル開催で贅沢に。家族や友人と楽しみたいなら遊園地などでお手軽に。あなたの目的に応じて選びましょう。

 

 

 

 

ちなみに、東京ではありませんが西部ゆうえんちのナイトプールは、ウォータースライダーや波のプール、DJイベントも用意されていて家族連れや友人と行くのにおすすめです。

開催期間:7月14日~9月3日

営業時間:9:00~21:00

大人料金(中学生以上):2100円

子供(3才~小学生)、シニア(60歳以上):1100円

URL:http://www.seibuen-yuuenchi.jp/guide/pool2017/index.html

スポンサーリンク

関連記事

  1. Prime Reading
  2. 京都おすすめのカフェ

    レビュー

    京都は観光だけじゃない!京都人が教える京都のおすすめカフェ10選

    京都と言えばお寺や神社をイメージしがちですが他にもたくさん魅力はありま…

  3. SpinidoのノートPCスタンドで肩こり・首の痛みを解消

    レビュー

    SpinidoノートPCスタンドを使ったら、姿勢が楽になって作業が捗った!

    こんにちは、ゆっけです!実は僕、ブログを運営していてどうしても…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

おすすめ記事

  1. 続かないのは意志が弱いからじゃない
  2. 将来の夢

掘り出し記事

スポンサーリンク
  1. 自分らしく生きるために

    失敗しても失う物なんてないから、そんなに怖がらなくていいよ
  2. 将来の夢

    思ったこと

    将来の夢を聞かれて職業を答える時代は終わった。どんな生き方がしたい?
  3. 楽しかったことリスト

    自分らしく生きるために

    『今日の楽しかったことリスト』を作ると人生が100倍楽しくなる
  4. ネタ

    見なくてもできるってめっちゃかっこよくない?
  5. ネタ

    母親が腐女子です。そんな母と暮らすごく普通の家庭風景
PAGE TOP